粗大ごみの片付けをする際には、まあそのほとんどが「遺品の片付け」だったりするのですよね。私も過去に故人宅の片付けをしたことがあります。そして、その体験から言えることはと言えば「粗大ごみの廃棄業者に任せておいて!」ということですね。自分たちで地道にやろうとしても、体力と時間と神経をすり減らすだけですから。場合によっては、人間関係が修復できないほどにギスギスすることもありますからね。

ですから私は、故人宅の片付けは「必要な遺品だけをサッと取って、後は粗大ごみの廃棄業者に任せたら良い!」と思いますから。そりゃあ、大きめのトラック1台を使いますので、十数万円がポーンと飛んでいきますよ。けれども、粗大ごみの廃棄業者の方達の仕事っぷりを目の当たりにしたら、「払っても良い!」と心から思ってしまいますね。

それに故人宅の片付けに費やす時間を考えたら、粗大ごみの廃棄業者を利用するのが賢いというものでしょう。誰がどのぐらい片付けに時間を費やしたとかなんとかで、その対価とかなんとかで人間関係がギスギスする前に、サクッと粗大ごみの廃棄業者利用ですから。