掃除をしてると、何年も使わない商品や、久しぶりに確認してみると利用不可能な商品が出てきます。小さな商品やコンパクトに出来る商品は一般ごみとして簡単に捨てられます。

しかし、中には、大きい商品や一般ごみでは受け取ってくれない商品があります。そんな時は、何か前から車で近所まで来てくれる民間業者が廃棄商品を無料で引き取ってくれるケースがあります。

しかし、それでも商品によっては引き取り料がかかる場合もあります。結構な金額を要求されます。そうなると、自分で廃棄処理場へ処分しに行くのがとても安上がりです。市や県が運営する廃棄処理施設です。

手続きが難しいと考えてるかもしれないですが、単純な話、持って行って、簡単な書類に記載すれば、後は廃棄した商品を渡すだけです。料金も業者に支払う金額の3分の1で済みます。

特に商品の量が多い場合は、自分で廃棄処理施設に持っていたった方が経済的です。大きくて重たい物でも軽トラがあるなら、持ち込み可能です。

PR|なぜ遺品整理の仕分けは1週間で終わらせるべきか|