母が亡くなり実家の家を処分することになりました。生前、この和歌山の家の遺品整理が楽になるようにと母はこまめに片づけをしていましたが、やはり生活用品が多数残っているので片付けは大変です。家を解体することは決めていたので、粗大ごみのような大きな不用品は解体工事の際になんとかできないか調べてみました。

場合によっては解体工事と同時に解体業者に依頼出来る作業もあります。それが解体の際に大量に発生する不用品の処分です。

確かに一本化出来るとは言えかなり割高になると分かっているのであれば、余程時間的余裕が無いケースでも無い限り、解体工事費用を安くするには回収業者への依頼を最優先に考えた方が、結果的にリーズナブルに違いありません。

いずれにせよ解体工事に入る前のなるべく早い段階において、生じるであろう不用品の数量を正確に把握し、そのまま解体業者に任せるか、回収業者に別途回収依頼を出すか、どちかがお得かを比較検討し結論を出すのがベターでしょう。